青の花茶はどう飲むの?ただ普通に飲むだけなんて勿体無い!青の花茶の効果的な飲み方を教えます。

オリエンタルブルーが目に鮮やかなお茶、青の花茶。

色鮮やかなお茶は写真映えバッチリで、青の花茶をインスタグラムやSNSで紹介している方も多くいらっしゃいます。

5つの天然由来成分で作られている青の花茶は甘いのに0カロリー!ダイエット中でも気にせず安心して飲めちゃいます。

眼精疲労緩和効果やリラックス効果も青の花茶にはあるそうです。

嬉しい効果が満載の青の花茶を飲むのなら、どうせならより効果的な飲み方をしてみたいですよね。

そこで今回は青の花茶をより効果的に感じられる飲み方ををご紹介していきます。

是非、青の花茶を飲む時の参考にしてみてくださいね。

青の花茶のより効果的な飲み方とは?

まず最初に、基本となる青の花茶の飲み方をご紹介。

青の花茶はパッケージを開封すると1つ1つがティーパックとなっています。

そのティーバックを1つをカップに入れお湯を注ぎ、3分ほどで茶葉が広がり鮮やかな青色になり飲みごろです。

ティーパックを取り出してからいただきます。

通常のティーバックの紅茶と何も変わらずお手軽ですね。

では簡単に飲むことのできる青の花茶のより効果的な飲み方をご紹介です。

毎日続けて飲むと効果的

青の花茶は5つの自然由来成分配合、体質改善の効果も期待されています。

便秘改善、眼精疲労緩和・美容など毎日継続して飲むことで、体調を快復へと導きます。

朝一に飲むのがベストタイミング

青の花茶は飲む時間を気にすることなく楽しむことができますが、ベストタイミングは起床してからすぐに飲むのがオススメです。

起床したばかりの身体は、栄養の吸収率がとても良くなっています。

吸収率の良いタイミングで青の花茶を飲むことで、効率よく青の花茶の吸収することが可能です。

また、青の花茶はノンカフェイン。

寝付きが悪く不眠にお悩みの方は就寝前に飲んでいただくと身体も温まり寝つきが良くなります。

そのまま飲むだけじゃ勿体無い!青の花茶のアレンジ方法

魅力的なオリエンタルブルーの青の花茶はそのままでも充分、美味しいのですがアレンジして飲んでも美味しいんです。

アイスフレッシュオレンジティー

氷を入れたグラスに青の花茶入れオレンジジュースで割るだけの簡単レシピ。

爽やかな味わいで夏にもオススメです。

フレッシュオレンジで割るとさらに美味しく飲めちゃいます。

アイスソイミルクティー

青の花茶をティーパックで抽出する際、長めの5分で取り出し、濃い青の花茶を作ります。

出来上がった濃いの青の花茶を氷を入れたグラスで少量の豆乳で割るミルクティーです。

豆乳を使ったミルクティーなのでカロリーが気になるなんて方にもオススメですよ。

ホットジンジャーティー

温かい青の花茶にすりおろした生姜を少量入れるだけのジンジャーティー。

生姜の効果も相まって体がポカポカと温まるので、冷え性でお悩みの方や就寝前にお試し下さい。

すりおろすのが面倒ならチューブ生姜でも良いですね。

青の花茶効果的な飲み方まとめ

今回は青の花茶のより効果的な飲み方と簡単にできちゃうアレンジをご紹介しましたがいかがでしたか?

好きな時に飲むことができる青の花茶ですが、効果をより実感する飲むタイミングは起床してすぐがベストタイミングです。

とはいえ、ストレスなくご自分のペースで毎日続けて飲むことが大切です。

また、青の花茶はクエン酸に反応することでブルーからパープルに変化する性質を持っています。

色の変化も楽しみつつ、ご自分に合ったオリジナルレシピを見つけてみてください。

青の花茶をもっと知りたい!興味を持たれた方は是非、公式サイトもご覧下さいね。

目指せ!ストレスフリーなダイエットへ♪「青の花茶」